○ おおつランド ○  2018年 4月
 2018.04.01

今日から4月(^.^)。はやっ♪本州は気温が高めで、
舞い散った桜の花びらが、川面をうずめだしてるとか。

桜は根が深く伸びる性質があるそうで、護岸対策で
川の両脇に植えられたよう。また花が咲くと大勢の人が
花を見に来て堤防を踏みしめるので、堤防の強度が増すとも。

根が深く伸びるのは、アジサイもそう。
なので鎌倉の坂には、地盤強化のためにアジサイが多い。
昔の人々の知恵も、相当すごいよね(^.^)

庭の雪は、かなり少なくなってきた。
積み上げた雪を、今度は割って削って、溶けやすい場所へ移動。
だけど、その最中にも、地中からはすでに、チューリップやクロッカスの
新芽が伸びていて、なんと自前で雪を溶かしてる。

彼らはまだ雪をかぶってるのに、あ、春だと感知してるんだろうな。
雪の中にも空気はある。光も少しは届いてるのかなあ。
先日は50センチ以上ある雪を掘っていたら、新芽の先端が出て、
え、なんで?と、それ以上掘るのはやめた。

雪から出たてはクリーム色、すぐに赤くなって、そして緑になってく。
光を浴び、光合成が始まって、さらに育ち、花をつけてく。
すごいよね。これを毎年、ずっと繰り返しているんだよ。すごいよね。

宇宙で生まれた。ふしぎ。
地球で生まれた。ふしぎ。地球で生きてる。ふしぎ。

ふしぎなことは沢山ある。だけど、世界遺産の街に住んでても、
普通だし~という感覚と似てて、普段は「ふしぎ」を感じてない。

けど、時には、これってふしぎ~と、感じる・考える力も使おう、養おう♪
見えること、わかること、また違ってくるよね。
宇宙エネルギーたっぷり流しながらだし(^.^)

 2018.04.02

4月(^.^)。あれだけあった雪の山は、どこ?というくらいになった。
まだ庭に残る雪囲いの一番高い支柱。あれが埋まってたなんて。
筋トレを兼ねて、雪を崩して運んで溶かしてたら、春になった(^.^)

自然な環境で人の手が加わってない雪は、何もしなくても溶けてく。
余分な圧力が加わってなくて、空気をたっぷり含んだ雪は、
ゆっくりと溶けていき、水蒸気となって空へ。

除雪で別の力が加わって積み重なった雪は、氷になったりもして、
溶けにくい状態になっている。
なので、雪山に最初は切込みを入れ、風や熱が加わりやすくする。
スコップが全部刺さらないくらいの硬雪も、次の日には柔らかくなる。

硬いモノを力任せに、ガシガシすると、無駄に力とエネルギーを使う。
雪山も、硬い所と柔らかい所があるので、見極めながらしてく。

別に、雪じゃなくても、色んなコトに応用できる発想だよね(^.^)

山のような仕事。力任せに手あたり次第にやっつけてくと。
やってもやっても、先が見えないどころか、かえって仕事が増えたりも。

ここからせめてくと、早くて便利というポイント。
それを見つけ、実行するのに、エネルギーが要る(^.^)

考えないで手当たり次第やってると傍からは仕事してるように
見えるかもだけど、実際はエネルギーの消耗が大きいだけかも。

考えるエネルギーがあれば、効率が上がるよね♪結果もオーライに。

4月の新年度(^.^)。自分だけでなく、新人さんも来る。
宇宙エネルギー使いまくりでゴー♪バリヤー強化でゴー♪
自分を護ってるから、やるべきことがやれるのさっ(^.^)b勝つぞ!

 2018.04.03

このところ、お日様が出てる時は、外仕事もしてた。
その時に「手ぬぐいで作った帽子」が、とても重宝した(^.^)
とある本に載ってた作り方を、自分で進化させて作ったの♪

手ぬぐいを、そのまま姉さんかぶりするよりも、立体に作り変えをした方が、
ほこりから頭部を護れる。

目の粗い布、目のつまった布、反物のポリの布と、色々作って、
その日の天気で、使い分けもしてる。
暑い日用、とか、ちょっと風のある日とか。

広げると一枚布っぽくもなるので、洗って干して、すぐ乾くのも便利。

手ぬぐいの幅は、反物の幅。なので、飽きた浴衣をほどいて、
それで作るのも面白いかも(^.^)。もちろん、絹の着物からでもね♪

作り方、すごくシンプルだけど、まだ改良を考えている。
それも脳トレになる。

脳は、なかなか使いごたえがある部位だよね(^.^)
使えば使うほど、グッドになってくそう♪
年齢じゃなかった。使うのが大事だった。

宇宙エネルギーたっぷりで、毎日がチャレンジDAY。勝つぞ!

 2018.04.04

積雪ゼロ宣言が出た。旭川の基準点で♪4月3日午後にね。はやっ(^.^)

材料を油で炒め、砂糖、醤油、唐辛子で味付けして、きんぴらに。
ごぼうとか、レンコンとか。なんで「きんぴら」っていうのか調べた。

>「きんぴら」の語源は、江戸時代の古浄瑠璃の主人公の
>「坂田金平・さかたのきんぴら」つまり、坂田金時(きんたろうさん)の
>息子という設定で、非常に勇ましい武勇談が語られたことに由来
  by 語源由来辞典より

なるほどね。金太郎さんと、その息子の流れか~。
調理方法が「きんぴら」なのかと調べたら、別の由来があったとは。
どちらかというと、硬い材料で作るのも、きんぴらの特徴。
それは由来を調べてみると、ほほ~ということが。

調べるって元気な時には簡単だけど、疲れてくると、なかったことに(笑)
明日にしよう、明後日にしよう、そのうちに、忘れたりも。
けど、もやもやが残る時もあるんだよね~。

今日は、きんぴらについて調べてスッキリ(^.^)
実は、別のことも調べて、そっちもスッキリ(^.^)

宇宙エネルギーの応援で、色んなトライをする元気がある♪いいね!

 2018.04.05

今日は、寒の戻りというか、雪景色になっている。
春の雪なので、溶けやすいので、様子をみましょ。
お日様が出ると、気温に関係なく溶けるし(^.^)

昨日の日本は25度超えの夏日の所と0度の雪景色の所と。
「同じ日本とは思えませんね~」と、TVアナウンサーが言ってたけど、
日本は、北から南に分布してるので、色んな気候があって当たり前。

「日本」は、色んな気候・気温がある所なのよね(^.^)

その日本の春で、本州の関東から西の方面は、今年は気温が高い。
桜の頃は、まだ寒さに耐えてビールなんていう年もあるのに、夏日が早い。

自律神経は、大忙しで、体温調節をしなくてはならない。
なんたって、まだ春モードなのに、夏の汗をかくようには、
すぐには切り替わらないことも。

今年は、「春バテ」という単語も現れている。
夏バテではなく、春からバテているそう。

新年度や新学期の新しい環境だけでなく、新しい関係、
さらに気温差ともバトルして、勝ち進んでいくことをする。
うふふ。ほんと、どれだけでもエネルギーが要るよね(^.^)

宇宙エネルギーの応援で、円滑も込みで、前進していこう。
周りが春バテしてるなか、さっそうとしてるのもステキだね♪

地球生活、今日も楽しんでゴー!

 2018.04.06

100件のお宅が載っている本を見た。おしゃれな住まいが沢山♪

だけど眺めてるうちに「あれ、なんか足りない?」と、モヤモヤ。
ページをめくってくうちに、足りないものが何か、わかった。
それはね。カレンダー。

絵画やタペストリやインテリアグッズは飾ってあるけど、
カレンダーが写ってるお宅は、一件だけで、しかもそれは
とてもおしゃれなカレンダー。祝日の色がついてないデザイン。

写ってないところには、もしかして、あったのかな。
それとも、スマホやタブレットの中のカレンダーで、
日常の中にはカレンダーがなくても住む暮らしなのかな。

住まいは「巣」であり「素」になれるところだとしたなら。
おしゃれだけでなく、生活に直結するものが、何かしらあるはずと、
脳がそれを探してたよう。

撮影が済んだら、それっと取り込んだ洗濯物をたたんだり(笑)、
しまい込んだリモコンやゲームや本を出して、日常感がたっぷりへ♪
なんてね(^.^)

そう、自分が知ってる、生活に必要なモノやコトやあれこれが、
ほぼ写ってないのが、とても非日常な感じがした本だったのさっ。

これはこれで脳トレ。いつもと違う脳が動く。
ある意味、ウ○ーリーを探せに近い感じ(笑)
地球生活、今日も楽しんでゴー!勝つぞ!

 2018.04.07

空気と光と水と栄養。おおかたの植物達は、これがあるとOK。
自分の性質に合った所で生息し、種をつくり、子孫へとバトン。
それは自分の性質だけでなく、もしかしたら、色んな情報もね(^.^)

すると知恵が働き(?)それを実現する何かの要素(?)が働き、
新しい種類の植物へとなってみたりも。

植物に似た昆虫がいるけど、昆虫に似た植物という面もあるのかも。
どっちがどっち、ということもあるけど、

【ナニガそれを可能にしたのか?】は、今も謎だよね。

植物は、おおむね、チッソ、リン酸、カリウムが要る。
このバランスによっても、生育に違いが出てきたり、
生きる力にも差がでたり。

同種間では混合も起きる。それで新しい品種ができる場合が。

植物の多様性を考えてみると、もしかしたら、ニンゲンも?と
想像してみるのは楽しい(^.^)。

地球に誕生した最初の細胞が、色んな生き物になっていった。
というのが、今の科学。
ならば最初から、【色々変化して生きてく力・能力】を持ってるのかも。

可能にするためには、エネルギーが要ると、そう思ってる。
地球エネルギーもだけど、宇宙エネルギーもね(^.^)

私達の知らない、備わってる色んな能力。
宇宙エネルギーで、おこして、うごかして、使えると楽しいなあ♪
レベルアップしてくと、ほんと、実現してくみたいよ♪『謎』
イェイ(^.^)

 2018.04.08

朝が-10度で、昼間が+10度。この差は20度。
朝が0度で、昼間が+20度。この差も20度。
朝が+10度で、昼間が+30度。この差も20度。
数字的には、気温の差は20度で同じだけど。

体温調整の方では、たぶん、すごく違いがあると思う。

季節によっては、これは、けっこう起きてる。
それに対応できる機能も、普通にはたらく。すごいなあ。

着る物や暖房・冷房によって、かなり一定の気温で過ごしてるけど、
気圧の変化は、外だけでなく、室内においても、キャッチしてるそう。

高気圧。シンプルには空気が強い圧力で濃くなる。活動的になる、
低気圧。シンプルには空気が圧力が減って薄くなる。やる気も薄くなる。
おおまかにいうと、こういうこともあるそう。

天気のよしあし、気温の上下、気圧をものともせず、
バリバリ活動するタイプもいれば、敏感にキャッチして、
活動をセーブして過ごすタイプもいる。

いろいろあるんだなと、それを知ってるのが大事。
ニンゲンは、いろんなタイプがいるし、それによって、
集合としては種として長く存在してきてるんだと思ってる。

どのタイプも、宇宙エネルギーは、それぞれにとって
働き、元気にしてくれる現象がある。
だって、みんな、宇宙由来だもん。今、地球で生きてるってだけで。

今日の札幌セミナーも、がんがんアップでゴー♪
地球生活、楽しんでゴー♪
そのための色んな情報も、たっぷりさっ(^.^)

 2018.04.09

吾蘇慕宇会セミナーイン札幌が済みました。

今回は、Mさんの様々なお話を伺い、皆で盛り上がった後、
ウルトラの、これだよね~というコトを教わることができました。

私達が、生きて、動いて。その根本、根幹となるコト。
これを宇宙エネルギーで応援。

気がつきそうで、気がつきにくい。
けど、云われると、絶対に、これが大事。
と、そういうコト。

これを宇宙エネルギーでトリートメント。
これは、宇宙エネルギーだからこそ届く領域。
そういう話。

参加した方、すっごく良かったですね~(^.^)

宇宙エネルギーだからこそ、ということが沢山ある。
目に見える見えないどころではなく、絶対にコレが必要という、
そういうコト。

宇宙エネルギーで元気!これ、すごいことだなあ(^.^)。
イェイ♪

 2018.04.10

慣れたことは考えなくても身体が動くけれど、
新しいことは、こんなちょっとしたことなのに、なぜ?と、
自分でも驚くほど、慎重になったり、おっかなびっくりで。
簡単なことなんだけど、全力で対応したりも。

2回目からは、前回の経験もあるから、たぶんこうなって…と、
1回目よりもスムースに。3回目からは、らくちん、らくちん(^.^)
なんで、こんな簡単なことに、あれだけ全力が要ったのかな。

新しいことをする。初めてのことをする。
経験やデータがナイことをするのは、エネルギーが要るのかも。
うまくいくとか、いかないとかですらなくて。

「新しいことをする脳の部位」を動かすのに、エネルギーが要る。

日頃から、これを鍛えてるというか、使わざるを得ない子供達。
日々が新しいこと、例えば勉強、スポーツ、習い事にトライしまくり。
常に「新しいことをする脳の部位」が刺激されて、動く、働く。

オトナになって、慣れたことをしてる日々が続くと。
「新しいことをする脳の部位」が、もしかしたら休眠モードへ。
寝た子を起こすのは、エネルギーが要るよね(笑)

オトナも、新しいことにトライしてくのは大事。
「新しいことをする脳の部位」には、「考える」ことも含まれるし。

覚えるだけでは足りない。考えて、そして、やってることが
知識を超えて、知恵になってくれる。そういうことじゃないかなあ(^.^)

宇宙エネルギーたっぷりで、どんな小さく見えることでも、
新しいコトにトライ。脳トレは、日々の中にも、どっさりだね♪イェイ♪

 2018.04.11

「料理の考え方」も、色んなパターンが手に入る時代に。
「料理のしかた」ではなく、「料理の考え方」さっ。

「Aの料理は、これらの材料と、こういう手順で作る」というレシピ。
材料を揃え、手順通りに作っていくと、料理が出来上がる。
これは「料理のしかた」のパターン。

Aの料理ができあがる方法が、順番に出てくる。
手順をとばしたり、材料が変わると、それは別の料理になる場合も。
それはそれで美味しかったりするのも、料理の面白さ。

あ、レシピにあったスパイスをちょっと入れるのを忘れちゃった。
どうしよう、もう戻れないし。このまま作ってもいいかな。エイ!
味見して、ああ、これも美味しいなあ。
あれま。あのスパイスを入れない方が、好みの味だなあ。
次からは、入れないでおこう。

と、自分の好みで好きな料理にしてくのも、面白さになる。

生の材料が手に入りにくい時期は、缶詰や冷凍品、乾物を使う。
代用品というよりも、そういう素材という発想に。これも考え方。

「今日手に入った素材」で、何か加工して食べる時代の方が長い。
こういう料理を作るために、こういう素材を集めるという時代よりもね。

土器を作れるようになって、素材と水を入れて煮ることで、
素材の栄養を、あますことなく摂ることができるようになったのは、
長い歴史の暮らしの中では、大きな変化かもしれないね(^.^)

基本は、焼くと煮る♪料理の初め、ルーツって、たぶんコレ。

宇宙エネルギーたっぷり封入しながら、煮てみよう。
味方チームの栄養も、これでゲットできるねー♪イェイ♪

 2018.04.12

みんな、少しずつ違う。
桜の花も、藤の花も、同じ枝の花でさえ、隣り合ってる花でも、
わずかに違いがあるし、隣の樹木ならば、なおのこと違いが。
だから、イイ。

違いがあることで、生き延びていく、子孫を残していける。

植物もそう、動物もそう、魚類も昆虫もそう。
ひるがえって、ニンゲンも、そう。
みかけが違うっていうことは、性質も、たぶん少し違う。

違いがあるからこそ、生き延びていく、子孫を残していける。

どうも、にんげんだけは、同じという考え方があるけれど、
違いがあるので、イキモノとしても、強さがあると、今の私は思ってる。

私達は毎日違ってるのかもね♪そして常に変化、進化が起きてるのかもね。

宇宙エネルギーたっぷりで、自分でも知らない自分の可能性。
それを、この先も、おこしていこう、使っていこう。イェイ♪

 2018.04.13

うれしいこと、たのしいことがあった時、
声に出して、感情を表現する場合が多い。
「ありがとう」とか「やったー」とかね(^.^)

反対に、ストレスがかかったり、いらっとした時は、
だまって感情を飲み込んでしまう場合が多い。

その、たまった感情が、もしかしたら、たまったままなら。
たまってる間に、発酵してる場合も(笑)
すると、ほんのちょっとしたことで、ドドッと出てしまう事が。

感情も時々、適切に整理整頓しておいた方がいいよね、きっと。

今、エネチェック時に、いつでもできる、具体的に行う、
とあるコトをお話してます(^.^)。宇宙エネルギー流しながらの。

「感情の入れ物」が、どこにあるのかは、今の科学では不明だけど、
これをすると、スッキリ感があるので、「ま、いっか」となれる。

その他に、時間とゆとりのある時に、
広い広いところで、自分の中の色んな感情を、トリートメントしながら、
とけてでてね~も、ありかもしれない。

雪がとけて空にのぼっていくように、感情のエネルギーも、
そらにのぼっていくとイメージする。そらどころか、宇宙にまでも。
トリートメントされてるから、感情のエネルギーもきれいになって、
宇宙にかえっていけるよね、きっと(^.^)

感情の入れ物。次の感情のために、空間とか余裕があれば、
いっぱいいっぱいになることを防げるのでは、と今の私は思ってる。

日々を、色んな知恵で生きていこう♪楽しみも、いっぱいにしていこう(^.^)。
勝つぞ!

 2018.04.14

記憶。生きるうえでは大事なもの。それがね。
どうも、優先順位でいうならば、一番上ではないかも。

脳の動きが落ちてくると。記憶の力も、うまく働かないことが。
しかも、直前にやってことを覚えてない、思い出せない。
例えば。ドアのカギをかけたかどうか。とかね。

普段、意識することなく、必ず行ってること。
なのに、それを、覚えてない。思い出せない。

「直前の記憶の機能」が働かない状態になってる。

疲れてるっていうのは、「脳が疲れてる」って場合も多々。
あれして、これして、どっちが先か、あ、でかけなきゃ。
脳がパンク寸前。オーバーヒート。けど、やることは、どっさりで。

この話を思い出したのは、先日Aさんが体験話をしてくれたから。
今日の予定は○○で、よし、支度もした。で、その前にコレをしよう。
次の瞬間、さっきまでの予定が、頭から、とんだ。
記憶がとんで、予定にない別の場所へ行ってしまったAさん。

予定の時間を超えても来ないAさんを、心配してかかってきた電話で、
あ、そうだ、今日は○○の予定の日だった!きゃあ!
その時に、そうか、疲れてるんだと自覚したとAさん。

疲れてくると「記憶」の優先順位は低くなる。
この現象があるので、疲れを自覚する前に、休憩も込みで過ごそうね。

生きる時に「疲れを自覚するエネルギー」も「記憶のエネルギー」も、
そこにまわすエネルギーが足りなくなることがあるよう。

宇宙エネルギーのトリートメントで、疲れが回復する状態に。
そして睡眠もして、脳をリセット、リフレッシュ。

「記憶の力」も、復活、さらにアップも♪

自分の元気や疲れの目安、いろいろあるからね(^.^)
まだダイジョウブではなく、根性出せばではなく、
色んなところが、ちゃんと機能するためにも、
自分の目安、知っていこう、作っていこう♪ イェイ!

 2018.04.15

今年の冬オリンピックは、「そだねー」の明るさが印象に残った♪

ところで選手たちは、「そだねー」は日々使ってる言葉なので、
北海道弁だとは、そもそも考えたこともなかったとか。
「そだねー」

「イモ」と言ったら、あなたは何をイメージする?
道民なら、「ジャガイモ」になると思う。獲れるし、売ってるし♪
本州方面なら「サトイモ」や「サツマイモ」かな。

では。「クマ」といったら、何をイメージする?
道民なら、「ヒグマ」になると思う。
本州方面では「ツキノワグマ」かな。

「イモ」や「クマ」といっても、イメージするモノが違うこと、多い。
どっちもあり。知識や情報の基準が色々あるってこと。

北海道には、色んな人々が移り住んできた歴史がある。
その時に各地の言葉が持ち込まれ、混じりあい、今に至る。

話し言葉は「言いやすい」。書き言葉よりもね。
なので素早く意思を伝えるなら、「そうだね」よりも「そだねー」さっ♪
ちなみに、私は、ネイティブの発音ができますよ~(^.^)
「そだねー」

2018.04.16

ちまたでは、8時間睡眠がイイとか、6時間がイイとか、
色々言ってて、どれがイイの?と、いう話が。

なんのために眠るのか。起きてる時に元気で生きるためでしょ。

一人ひとりで必要な時間は「まちまち」である、という前提が、
そもそも、○時間派には、すっぽり抜けてるなあ。
そして睡眠が「休息・休み」という視点からの、○時間なのかも。

睡眠時に、ナニガ行われているか。
実は脳は大事な仕事をしてるらしい。情報の整理整頓などのね。
情報を「要る・要らない」と選別して、しまう、捨てるもしてる。
こうすることで情報の容量を確保して、機能も維持できるように。

心臓を動かす、呼吸する、血液を回すなどの、基本は行い、
考えることは休ませている。脳も身体も、リフレッシュ、リサイクル、
再構築してるのが睡眠かもしれない。

日々、過ごし方も忙しさも違う。元気も違う。疲れも違う。
およそ○時間寝ると、「自分の場合は」、脳と体の動きが正常に。
というのが基本の考え方になる。だから「まちまち」なの。

睡眠の質やレベルも、要素として加わるので、
それこそ単純に○時間と、ひとことでは語れない。

一番目安になるのは、記憶と、身体の動き。
あれ、さっきの本はドコに置いた?、カギをかけた?とか、
あれ、いつも通るのに、テーブルにぶつかった、とかのね。
これは自分のレベルが落ちてる目安になる。

○時間というのは目安ではなくて、自分の状態を把握して、
睡眠や休息してくのが必要だね。人間は、みんな、チガウし♪

だから、8時間寝た時に頭も身体も動きがイイと言うタイプ、
6時間で頭も身体も動きがイイと言うタイプと、様々なのさっ。
しかも、8時間の人でも、9時間寝る日もあれば、
7時間で調子がOKと、個人でも日々、差があるのさっ。

宇宙エネルギーたっぷりで、自分の元気度の目安をつくっていこう。
そして良質の睡眠をゲットして、今週も笑顔でゴー♪

2018.04.17

このところ、「疲れサイン」に注目してるのは。

筋肉痛が3日たって現れるように、「疲れ」が3日たって現れる。
という現象があるのに、気がついたから。
疲れサインが出たあとの、本物の疲れがね。

まさかと思う?だけどね。
筋肉痛は若い頃、運動直後に出てた。年齢が上がると、それが次の日に、
そして3日後、しまいには何をしたかな~と、思い出せないくらいの頃に。

それと同じかどうかは別で。もしかしたら疲労の場合、
疲労をキャッチする部位と、「疲労を処理する部位」の連携が、
うまく機能しないのかも。
なのでキャッチした部位は、各部位に知らせる。
「疲労を処理してね~、対応してね~」と、色んなサインでね。

自分を狙う足の速い動物達から、逃げおおせた先祖たち。
疲れたけど休んだら一巻の終わり。うまく逃げた後で、初めて休む。
休む < 逃げる のシステムが、この時には必要だった。

ところで、現代では。ありとあらゆる情報と機器に囲まれ、
自然と距離をおいた状態で日々を過ごすのが普通になってる。
脳と身体の疲れのバランスも、まちまちで。

身体が疲れると、足が重くなる、動けなくなる。眠くなったりするし。
けど頭が疲れても、まだまだ、もう少しやれると、オーバーヒートし、
かえって眠れなくなったりの場合さえ。

身体も脳も、休んで初めて「今の自分の状態」に気がつく。
なので時折、意識して、休息していこう。
休息時に宇宙エネルギーでセルフトリートメントしよう。

まずは、疲労サインに気がつく、受け取れる自分でゴー♪勝つぞ!

 2018.04.18

カメラの拡大機能も発達してるんだろうなあ。楽しい本を見つけた。

「美しき小さな雑草の花図鑑」 by 大作晃一:写真・多田多恵子:文

身近な、小さな草たち、その花を、思い切り拡大すると。
ええっ!とか、まあ!というくらい、びっくりする。
いつも肉眼で見てる花とは、全く別の花にも見える。そうだったのか~。

どの花も小さいというだけで、デザインも機能も、バラエティ豊か。
こんなにサイズが小さいのに、ここまで凝ってるのが不思議。
そう、小さいというだけで、色もデザインも、ものすごく凝っている。

小さい葉、小さい花というのにも、利点があるんだろうな、きっと。

巨大サイズから、ミクロサイズまで、地球の植物たちも、
知恵を働かせ、姿・形も変化させながら、生き抜いてきたんだよね。
次に続く子孫に、イノチをリレーしながら。

宇宙エネルギーたっぷりで、色んな情報を比べたり、
組み合せたりして、考えている。私達の可能性についてもね。
私達ニンゲンも、いつだって、変化してく力を持ってるのかもと、
そういうコトも含めて。

 2018.04.19

ランドセルが前を行く。あ、新一年生だ♪
後ろからは、姿がわずかに見えるくらい。
ランドセルにすっぽりかくれてる。足だけが見える。
これも春の風物詩、かもね(^.^)

春といえば、衣替え。コートも服も全部、洗ったりしまったり。
昨日と今日は旭川でも17度超え。今のうちに、やることやろう♪

衣替えなしの服の管理法なんていうのがあるのは知ってるけど、
持ち物を増やさないミニマリストという考えかたも、知ってるけど。
どこのどんな所に住んでる人の場合は?って、それも考えながら、
色んなノウハウを眺めている。

北国では、ゆきつ戻りつ春になる。年によっては、春でも雪の時がある。
靴もコートも対応できる状態で、冬と春の両方を使えるようにしておく。

いつまでも、すっきりと片付かないのは。季節に必要な物が、
どうしても前後の季節で、両方要るから。気温の幅も大きいし。
ということで、コツコツと衣替えを。冬物を少し残して、春物、夏物の用意も。

今年も着るかな、どうかなと考えるのが、結構脳トレになる。
もういいかな、どうしようかなと、モッタイナイとのバトルもある(笑)
バトルして処分を決めても、敗者復活してみたり(笑)

だけど衣替えのたびに、宇宙エネルギーを封入して、
新しい気分で着られるので、これもグッド♪

ぎゅうぎゅうにつまった引出し、少しゆとりができた。
さあ、いつまで持つか?それは謎だ(笑) 勝つぞ!

 2018.04.20

今年の桜は、あと10日ほどで咲くらしい。楽しみ(^.^)

ある事をしてる時に、3月初めの大雪を思い出した。
風で舞う雪が、街中をおおいつくした。4日連日で、ハードモードで。
雪かきをしまくった。最終日の夕方は食事の買い出しも、料理も、パス!

で。外食を選択して、オーダーのメニューが届いた時に。
あれ?噛むのも、メンドウだ~に。
固くもないそのメニューを噛むのがダルイ。お腹は空いてるのにね。

身体を使いまくって、こういうコトが起きるのは知ってたから、
のんびりと食べた。ゆっくりと噛んで。

情報番組で、お伊勢まいりに出てくる「伊勢うどん」の解説をしてた。
歩いて歩いて伊勢参りに行く、江戸時代の庶民たち。
今のような交通機関がない時代、歩くのは当たり前。

ところで。目的地の伊勢には、なるべく早く着きたい。
旅行ではあるけれど、目的は「おまいり」だから。
なので、できるだけ、前に前にと足を進める。

で。いよいよ伊勢に着いて、ちょっと腹ごしらえという時に。
喉越しの良いうどん。それはコシのない、噛まなくても良いうどんが、
歩き疲れた旅人達に、人気となったらしい。

噛むのも、元気が要るもんね。

自分だけでなく、共存してる味方チームにも必要な栄養を摂る。
宇宙エネルギーをたっぷり封入して。
ひとばん、ぐっすり眠ったら、よく噛める自分が復活♪イェイ(^.^)

 2018.04.21

シンクロ(同期する・同時に起こる)するという現象がある。

昨日、伊勢うどんの話を書いたら、なんと♪
伊勢うどんがパンの中に入ってる商品を、夜にTVで見た(^.^)
偶然だけど、楽しかったな~♪

記憶のテーブルがあるとする。仮に、それを白い皿とする。
そこに何も載ってないと、なんの情報もキャッチしない。

ところで、その皿に「A」という情報を載せると。
皿が、「A」に関連する情報を、キャッチするために作動♪

そういうイメージなの、情報のキャッチの場合も。

何も知らない時は、目の前にあっても、見えてもいない。
けど、「知る・情報をキャッチ・情報をゲット」すると、
あ、そうだったのか~とか、あ、ここにあった~とか、
認識できる現象が起きる。

そして。ひらめいたかな(^.^)

記憶のテーブルの皿、一枚ってこと、ないからね~。
何枚も、何千枚も、もしかしたら、何億枚もあると思うよ~。
さらにね、無限にあるのかもよ~(^.^)

記憶のテーブルの皿がある。と、イメージ。
宇宙エネルギーで、その皿をトリートメント。
そしてね。レベルアップも付け加えよう(^.^) オトナ~♪

 2018.04.22

最近はまっていること。色々ある中で、料理編では。

スライサーという調理器具で、タマネギをスライスする。
今年は100均で、スライサー用の「野菜押さえ」をゲットしたの。
これがとても便利で、スライサーの利用度がグンとアップ。

色んな料理に、タマネギのスライスを入れて食べた(^.^)
カレーも、ポテサラも、野菜スープにもね。
タマネギ一個を、あっという間にスライスできる。
まな板も包丁も無し。涙も出ない(^.^)。ここ、大事♪

タマネギの、みじん切り。色んなレシピに出てくるけど、
熱を通すなら、タマネギスライスでも十分OKな気がする(^.^)

だって同じ料理名でも、レシピは、それこそゴマンとあるしね。
タマネギのみじん切りのレシピもOK、スライスでもOK(^.^)

今は、新タマネギが出てるので、スライスするだけで一品料理に。
水ではなく、空気にさらすだけでOK♪ 栄養を水に逃がさない。
要は、タマネギをスライスしたら、数分~くらい、放っておくだけ。

「おかかと麺つゆ」、「オリーブオイルと塩コショウ」などなど、
シンプルな一品のできあがり。

シンプルだと、しょっちゅう作れる、使う(^.^)
ふふっ。柔軟な発想、身近なところで、鍛えられてる~♪
宇宙エネルギー流しながらだしね♪
今日も、色々トライでゴー♪

 2018.04.24

吾蘇慕宇会セミナーイン旭川が済みました。

勉強は、
「これはどういうことなんだろうと、考える習慣を身に着ける」
ことにあるよねと、セミナー後にメンバーさんと盛り上がった(^.^)

勉強とは、覚えたうえで、
「それは、どういう理由によるものか」「何故そういう結果になるのか」
「そうなった背景は」などなどを、考えるのが勉強の楽しさだと、
Mさんによる、さまざななウルトラを聴いて活性化した脳は、
しみじみと思った次第。

Mさんによる、ウルトラのお話。
最近は、前回おそわったことが、さらにアップのお話で、
それはこのところ、ずっと連続しているお話ですが。

それこそ基本が「宇宙は」なので、覚えたうえで、
自分でもさらに考えると、応用も可能になってく。

まずは覚える。覚えたことの意味や中身を考える。
考えると理解もできるし、さらに次への興味も好奇心もわく。

吾蘇慕宇会セミナーでゲットした大切な基本。
基本は、今までもずっと同じだけれど、
そこからは、今までの概念を超えたウルトラ、デスヨ(^.^)

オトナの勉強・思考ってテストがないので、高等なアソビ。
アソビは続く、続けられる。無限にね♪ 脳も活性化する。
なんたって、宇宙エネルギー流しながらだし♪勝つぞ!

 2018.04.25

「これはどういうことなんだろう」と、考えていると、
この脳も動きが良くなり、どんどん活性化してくる(^.^)。

そして。「そういうことか。なるほどね~」の脳にもなっていく♪
理由や理屈がわかるのは、楽しいしね。
謎々の感覚や、謎トレ、推理ゲームの脳も、たぶん働く(^.^)

今の科学で判るようになったことが、情報として出てくる。
例えば、金縛り現象についても。

寝ている時には、夢を見る・見ないの睡眠状態がある。
「夢を見る」状態の時に、脳は筋肉の動きを抑制する指令を出し、
「夢のとおりに身体が動かないように」してるそう。


仮に、体操してる夢を見て、本当に腕を大きく動かした場合、
布団がふっとび、自分は、壁や床に腕をぶつける。わお!
そんなことが起きないように、安全に睡眠するためのしくみ。

このしくみが、どういうわけかズレた場合に起きるのが「金縛り」
脳は目覚めるけど、筋肉の動きの抑制だけが続いてる。あれれ?

疲れてる時に、この現象が起きやすいらしい。
たま~にならともかく、しょっちゅうあると胸を張ってる場合じゃない(笑)
理由が判ってると、対応のしかたも見当がついてく。

まずは日頃から正常元気のために、今日の自分に合ったことを。
そして宇宙エネルギーのトリートメントも必要。
もとのもとから、元気アップしていくって、大事だもの(^.^)イェイ♪

 2018.04.26

冬のオリンピックで聞きなじんだ「そだね~」が、今もTVから、時々。
話し言葉は、言いやすいし、聴きやすいし、覚えやすい(^.^)
「そだね~」

しかも家族、仲間・友人には、シンプルな話し言葉で話す。
目上の人や社会的な相手の時には、話し言葉でも丁寧版で話す。
それを私達は普段、普通に使い分けて話してる。
そして話し言葉と、書き言葉も、使い分けている。

語学を習う場合、例えば英語の場合、どうも丁寧版を習ってる?
それは話し言葉よりも、書き言葉がメインの丁寧版?
英語の本を各種みていたら、気がついたことが。

英語をメインで話す人々も、話す時には「話し言葉」で話してる。

話すっていうのは、瞬時に返事がかえってくる、キャッチボールが基本。
ところで書き言葉の場合、どうしても言葉が多く、長くなる場合が多い。
↓ 友人のボブとタロウの会話。日本語で書いても、ながい~(笑)

Aパターン
ボブ  「タロウ、昨日は映画に行ったって?」
タロウ 「はい、そうです。僕は昨日、映画を観に行きました」
ボブ  「一人で行ったの?」
タロウ 「いいえ。僕はリカさんと一緒に映画館に行きました。」

Bパターン
ボブ  「タロウ、昨日は映画に行ったって?」
タロウ 「うん」
ボブ  「一人?」
タロウ 「リカさんと」

Bパターンの方は、短い言葉で、ぽんぽんと話が進む。
この先も、どんどん話が続く。友人との会話って、これでOKだもの。

教わった正しい文法はどれだっけ?と考えてるうちに、会話が止まる。
するとボブは、じゃあねと去っていく。だって会話にならないし。

話し言葉と書き言葉は、もしかして脳の領域が、違うのかもと、ふと思った。
だとしたら。

話し言葉を新しく覚える、使うと、会話ができるヒトになるかも(^.^)
そして長い言葉、丁寧な言葉と、幅を広げていけるのかも。
「そだね~」

宇宙エネルギー流しながら、こういう脳トレにもトライ中♪
アソボウっと(^.^) イェイ♪

 2018.04.27

○ How is it going?  元気かい?
実は「ハゼゴン」で、ネイティブに通じるそうです。

○ Just a little.  ちょっとだけ
  「ジャスタリウ」

○ Say it again.  もう1回言ってください
  「セイーラゲン」

BY 怖いくらい通じるカタカナ英語の法則  著者:池谷 祐二

以前にも取り上げたけど、私達が教わってきた?英語の発音が、
実際に流通してる音とは違いがある。
なので聞き取りができなくて、会話で相手にかえせない。

もうテストが関係ない世代は、実際に使える言葉を新しく学んで、
楽しく使うのも、脳トレになるよね(^.^)

江戸後期、日本にも諸外国から、色んな人が来ている。
その人々から言葉を習い、通訳・通詞として、言葉を覚え、
必要なコミュニケーションを行ってきたヒトビト。

ローマ字は明治になってからのことなので、江戸時代の彼らは、
相手から聞こえてくる「音を」、カタカナやひらかなで書き留めた。

そう、自分には「こう聞こえる」は、実は現実の音に「かなり近い」

今の世代は、読む、書く、聴く、話すを、まとめて教わる。
特に、テストの時には、文字をローマ字にして覚えてしまう。
で。現実の発音とは、全く違う覚え方になってしまう。

普段、会話で使う言葉って、そんなに沢山でもない。
冒頭の「ハゼゴン」で、友人や同僚との挨拶はOK。

どこの国のヒトも、挨拶で、
「おはようございます。今朝のお加減はいかかでしょうか?」
などど、長い言葉で友人とは会話してるはずもなく。

短いのは、新しい言葉でも、けっこう覚えられる。
脳の色んな領域を、使って広げて、楽しんでみよっか(^.^)
宇宙エネルギーたっぷりで♪「そだね~」

2018.04.28

今日は、外国から飛んできてるという微粒子で、空がかずむ。
目に見えない位の小さなモノでも、まとまると、こういう空に。
見える単位にまで、まとまったともいえる。

巨大恐竜に見えていたモノ、当時の極小昆虫に見えていたモノ。
生物の大きさによっても、見えるモノや範囲に違いがあるよね、きっと。

宇宙エネルギーを植物に送る。
宇宙エネルギーは今の私達には見えないし、感じないけど、
植物は宇宙エネルギーによって、イキイキとしてくる(^.^)

見えなくても、感じなくても、ある(^.^)

宇宙エネルギーそのものが見えなくても、感じなくても、
宇宙エネルギーによる結果や効果は、私達にも判る事が多い♪


今日からゴールデンウィークの方も多い。
ずっと仕事という方も多い。

宇宙エネルギーたっぷりで、安全無事で過ごしていこう。
地球生活を楽しんでゴー♪「そだね~」

 2018.04.29

行列してでも食べたいお店の行列は、さらに長くなる時期かも。

短時間で、自宅にある食材で、「何か」食事をつくる。
これを「脳トレ」にして、あそんでみる。
時間がある時に「練習しておく」と、忙しい日にも簡単にやれる。

冷たいフライパンに、以下の材料を入れる。油は使わない。
えのき茸、手でちぎった春キャベツ、さば味噌缶の中身全部。
さば味噌缶に、1/3位の水を入れ、それもフライパンに。
ここで火をつけて、ぐつぐつして、少し水分がとんだら、OK。
さば味噌缶が、調味料です。

キノコ類は冷凍しておくと便利。冷凍のまま、フライパンや鍋に。
冷凍で細胞壁が破砕されたキノコは、うまみ調味料の感覚(^.^)

先日見た本の中に、豚肉、キャベツを油で炒め、ぽん酢で味付けと
いうのがあった。シンプル。ありでした~♪

地球上の生き物で、連日のように調理した食べ物を摂取するのは、
ニンゲンだけかもと、この間、ふっと思ったの。
生の物も、火を通した物も、両方食べられる。

地球上には多くのイキモノがいるけど、食べられる物が決まっている、
限られてるというタイプは、かなり多い。
というか、それにより棲み分けも起き、互いに種族のバランスをとってる。

ニンゲンは、食べられるモノが沢山ある、珍しいイキモノかもね~(^.^)

半日煮込んだというような、手間をかけた料理もおいしい。
2~3分で作った料理もおいしい。

私達は、宇宙エネルギーをたっぷり封入してるので、
さらに美味しくできるのも、うまし~(^.^) イェイ♪

 2018.04.30

札幌では桜の満開宣言が出たそう。旭川は今朝、開花宣言が出た♪

北海道の花見は、桜の下での、ジンギスカンや焼き肉がメイン(^.^)
料理の原点は「焼く」かもね~(^.^)

先日のTVで、ある料理人が、刺身で余ったエビの頭や殻を使い、
そうめんのタレを作るのを実演していた。
それらを鍋で、から炒りして、水を入れて、めんつゆも入れる。
その時に司会者や出演者が「水は何ccですか?」と質問を。

料理人の返事。
「お好きなように。目安は、エビの頭や殻が、ひたひたくらい」
そもそも、余ったエビの頭や殻を何グラム用意するという話じゃないし。

つゆに輪切りのナスを入れて煮て、できたつゆを濾して冷まして冷蔵庫へ。
一晩たつとナスは、つゆを吸い、うまいのだとか。

「ナスの他には、どんな野菜が合いますか?」と出演者が。
「自分で色々試してみて」と、料理人。

料理は、さまざまな答えがあり、答えが一つではない世界。

冒頭のジンギスカンや焼き肉も、大きさも厚みも違う肉を焼く。
1個1個、焼けたかどうか、自分で判断、決定する。

好みも色々。タレ付きジンギスカンの場合、鍋のフチにタレが溜まる。
そこに、うどんを入れてタレを吸わせて、ちょっと焦げたのが、
ジンギスカンの肉よりも好きという友人もいる(^.^)

料理は五感と脳をフルに使う。考えながら作業してく。
だから、疲れてる時には、メンドウになってしまう。
なので日頃から、色んなバージョンでレッスンしておくと、
「その日の自分ができること」で、できるように(^.^)

自分も共存チームも元気になる、シンプル料理にトライ♪
宇宙エネルギーたっぷりで、「焼く」「煮る」でトライ♪
うまし(^.^)

             
    
おおつランド総ページへもどるトップページへもどる